八百萬本舗 金沢 尾張町

八百萬本舗通販ページはこちらからどうぞ。

「八百萬本舗」は、2015年にリノベーションされ生まれ変わった町家。かつては「旧志村金物店」の名で親しまれていました。刻んできた歴史や物語、町家としての佇まいが残された建物の中には、十の個性的なお店とひゃくまんさんの間・レンタルお座敷などがございます。店内には、金沢市指定史跡である、金沢市桃山時代と江戸時代の境目に建造された金沢城の城壁の一部、「金沢城惣構跡」も保存されています。この八百萬本舗内に、株式会社ruaは、古き美しき良きものに今の感度のフィルターをかけた4つのセレクトショップを展開しています。

casa rua:家族の食卓

家族の食卓をテーマに、陶芸、木工、漆器などの作家さんの作品の中でも、特に実用性に富んでいるものばかりを厳選しています。使いやすいキッチン道具やテーブルに彩りを増すカジュアルなアンティークの器など、日本の文化の中から生まれてきたものを中心に、時代や地域を超えてボーダーレスにご紹介しています。
casa ruaのお買物ページはこちらから>>>

titi by rua:小さなcafe

エスプレッソベースのコーヒーや輪島の米麹甘酒をアレンジしたラテを楽しめる小さなカフェ&セレクトショップです。二階お座敷の休憩スペースでは、ドリンクや店内でご購入されたお菓子など片手に、ゆったりとした時間をお過ごし頂けます。ニュージーランド発のコーヒALLPRESS イギリス発のBREW TEA 能登発の米麹甘酒などボーダーレスにご紹介。
カフェ定休:水木  営業時間:11:00頃〜夕方English OK.

珈琲スタンドtitiのお買物ページはこちらから>>>

小さな飾りのお店 一果:アクセサリーと小さな骨董

遥か昔々の先史の時代、ヒトは、動物の牙や貝殻、鳥の羽などを身に纏っていました。やがて古代文明が生まれ、模様や形をデザインするようになります。私たちは、自らを装飾し表現することの楽しみに、何千年もいや何万年も魅了されているのです。生活の必需品ではないのに、アクセサリーは、現代もずっと進化し続けています。その不思議に興味を持った私たちは、壁面だけの小さなお店ですが、一果をはじめました。年齢、性別そして国境さえも問わず、ボーダーレスに素敵なアクセサリーを厳選してご紹介いたします。
一果のお買物ページはこちらから>>>

ARU:ある日の出来事を大切にする品々

ある日、旅先のあるところで、ある人やあるものと出逢う。そんなある日の出来事を大切にする品々をご紹介。長く使い続けられる品と質を兼ね備え、暮らしの中に「ある」ことで、ゆとりの時間や空間やを与えてくれるような素敵なものをセレクト。ARUの豊かな異文化経験をベースにして、世界中から訪れる多くの外国人観光客の方々には、日本の技術や美意識を感じられるような品の中から、とりわけ欧米の暮らしの中にも溶け込めそうなものを厳選してご紹介しています。
ARUのお買物ページはこちらから>>>